ヤンゴンのシンボルマークとも言えるシェエダゴン・パゴダ。2500年の歴史を誇るこの荘厳なパゴダを訪れなければ、ヤンゴンはもとより、ミャンマーを旅したとは言えません。ホテルからは車でわずか10分程度です。

スーレーパゴダは、ミャンマーのランドマークともいえる建物の一つです。 ビルマ商人が仏陀から与えられた髪が奉納されており、その歴史は2000年以上とも考えられています。ダウンタウンの中心にあり、ホテルからは車で15分~20分ほどです。

市役所の建物は、ミャンマー建築の良い例であると言われています。建設は1926年に開始され、 1936年に完成しました。建物はヤンゴン市の遺産リストに記載されています。ホテルから車で15分~20分です。

ボージョーアウンサン・マーケットは、土産物屋や宝石店などが店を連ねる巨大な屋内市場です。ボージョーアウンサン通りに面した街の中心部にあります。建物は英国統治時代の1926年に建造されました。旧称スコット・マーケット。ミャンマーの独立の為に命を捧げたアウンサン将軍を記念して、ボージョー・アウンサン・マーケットと名付けられました。ホテルからは車で10分~15分です。月曜休館。

カンドージー(ロイヤル)湖に浮かぶKaraweikレストランはヤンゴンのランドマークの一つです。1972年に建設された神話上の生き物を模した近代建築で、ミャンマーの舞踊をみながらの食事が楽しめます。ホテルから車で10分~15分です。

旧高等裁判所の建物や時計塔など、イギリスのアン女王のスタイルで1914年に建てられた、植民地時代を象徴する建物です。ホテルから車で15分~20分です。